ホワイトニングの持続時間

ホワイトニング.net

ホワイトニングの持続時間は種類や着色の度合いによって異なります。

ホワイトニングTOP > 持続時間

ホワイトニングの持続時間

ホワイトニングは短期間で歯を白くできる画期的な施術法ですが、残念ながらその効果は永続的なものではありません。

ホワイトニングの持続時間は、ホワイトニングの種類や着色の度合いによって異なります。

ここでは、ホワイトニングの種類別に、効果の持続時間を見ていきましょう。

オフィスホワイトニングの持続時間

オフィスホワイトニングは、施術を行ったその日から効果を実感できるという即効性がメリットですが、そのぶん、ホームホワイトニングよりも持続時間が短いという欠点があります。

これは、歯の表面のペリクルと呼ばれる皮膜を除去してしまうため、再着色が起こりやすいことが原因です。

そのため、平均的な効果持続時間は2~3ヶ月程度となっています。

ただし、定期的にホワイトニングを行うことで白さを長く持続させることも可能です。

ホームホワイトニングの持続時間

ホームホワイトニングは、白さを実感するまで2週間以上の期間を要しますが、オフィスホワイトニングより効果が長持ちするのが特徴です。

平均的な持続時間は6ヶ月~1年と長いため、少し時間がかかっても、しっかり歯を白くしたいと思っている人向けのホワイトニングです。

持続時間を長くするには

ホワイトニングの持続時間を長くしたい場合はホームホワイトニングがおすすめです。

ただし、ホームホワイトニングは効果が出るまでに時間がかかるので、今すぐに歯を白くしたいという場合は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングがおすすめです。

オフィスホワイトニングで即効性を、ホームホワイトニングで持続性をそれぞれ得ることができるので、歯を長く白くさせるにはぴったりの方法でしょう。

また、オフィスホワイトニングでもホームホワイトニングでも、日常生活の改善を同時に行うことが大切です。

歯磨きをしっかり行ったり、食生活を改善することで歯の着色を防ぐよう心がければ、ホワイトニングの効果も長く保持することができます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ホワイトニング.net All Rights Reserved.