ホワイトニングの種類

ホワイトニング.net

ホワイトニングの種類とそれぞれの特徴を紹介しています。

ホワイトニングTOP > 種類

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく分けて3つの種類があります。

ホワイトニングのメカニズムは同じですが、それぞれ方法が異なるほか、効果があらわれるまでの時間や効果の持続時間も違ってきます。

ここでは、ホワイトニングの種類と、それぞれの特徴を紹介します。

・オフィスホワイトニング

歯科医など、専門のクリニックで行うホワイトニングです。

ホワイトニング剤を塗布した後、レーザーや光を当てることで歯の色素を分解していきます。

使用するホワイトニング剤が高濃度であることと、専門の医療機器を駆使した方法であることから、即効性が高く、施術したその日から歯の白さを実感することができます。

施術は1回につき5~10万円ほどが目安ですが、オフィスホワイトニングのタイプや着色の度合いによって変動します。

プロの歯科医や歯科衛生士が行うので、安全で、しかも手軽なところも魅力のひとつとなっています。

ただし、即効性があるぶん、効果の持続時間が短く、平均して3~6ヶ月間が目安となっています。

すぐに歯を白くしたい、自分でホワイトニングするのは面倒という人におすすめのホワイトニング法です。

・ホームホワイトニング

低濃度のホワイトニング剤を使用し、自宅でホワイトニングを行う方法です。

ホームホワイトニングの方法はさまざまありますが、多くの場合は自分の歯の型に合わせたマウスピースを作成し、そこに薬剤を入れて装着するという方法が一般的です。

オフィスホワイトニングとは異なり、低濃度のホワイトニング剤を使用するので、一気に歯を白くすることはできず、白さを実感するまでに2週間以上の期間を必要とします。

そのため、即効性を求める人には向きませんが、時間がかかる分、平均持続時間が1~2年と、効果が長持ちするというメリットがあります。

また、オフィスホワイトニングに比べ、費用を安く抑えられるという長所もあります。

平均的な費用はマウスピースの作製費込みで3万円前後。マウスピースは一度作製するだけでよいので、以降はホワイトニング剤の費用や検診代だけで済むようになります。

デメリットとしては、即効性がないことと、毎日自分で行うので手間がかかるという点が挙げられます。

・デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法がデュアルホワイトニングです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの長所を掛け合わせ、かつ互いの短所を補うことができる最良のホワイトニング方法と言えます。

そのため、現在は、オフィスホワイトニングで一気に歯を白くした後、ホームホワイトニングで効果を持続させるというで種あるホワイトニング法を選ぶ人が多くなっています。

両方行う分、費用が高くなってしまうという難点はありますが、歯をすぐに白くして、しかも効果を長持ちさせたいという人にはうってつけの方法でしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ホワイトニング.net All Rights Reserved.