ホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニング.net

ホワイトニングは歯を削らずに白くする方法として主流となっている施術法です。

ホワイトニングTOP > メリット・デメリット

ホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニングは、1989年にアメリカで実用化されて以来、歯を美しくする方法として世界中で採用されている施術法です。

歯を削らずに白くする方法として一般的になった方法ですが、メリットもあればデメリットも存在します。

ここでは、ホワイトニングのメリットとデメリットについて説明します。

ホワイトニングのメリット

ホワイトニングの大きなメリットは、削らずに歯を白くさせることにあります。

ホワイトニングが確立するまでは、着色部分を削って除去したり、あるいは被せ物をして白く見せたりする方法が一般的でしたが、痛みが伴ったり、被せ物がはずれたりするリスクが伴いました。

一方、ホワイトニングは専用の薬剤を塗布しますが、副作用などのリスクも少なく、比較的安全に歯を白くすることができます。

また、オフィスホワイトニングの場合、短期間で歯を白くできるというメリットがあり、ホームホワイトニングと組み合わせることで、持続性も確保することができます。

近年ではホワイトニングの技術が進歩し、歯の色合いや明るさも自分好みに調節することができるようになったため、より自分に合ったホワイトニングを行うことができるようになっています。

ホワイトニングのデメリット

一般的にメリットの大きいホワイトニングですが、デメリットもいくつか存在します。

その1つに、継続ケアの必要性があります。

一度ホワイトニングを行っても、効果が永続的に続くわけではありません。

持続期間はホワイトニングの種類によって異なり、オフィスホワイトニングの場合は、短いと3ヶ月、一般的には6ヶ月ほどで効果が薄れていきます。

ホームホワイトニングの場合は、オフィスホワイトニングよりは長く効果が持続しますが、それでもおよそ1~2年くらいが目安となっています。

そのため、白い歯を保持していくためには、定期的に検診を受け、必要に応じて追加のホワイトニングを行う必要があります。

もう1つのデメリットは、人口歯には効果がないということです。

そのため、入れ歯や差し歯をしている場合は、そこだけ浮いて見えてしまうという欠点があります。

このような場合は、入れ歯や差し歯を作り直すか、あるいは部分的にホワイトニングをすることで、バランスを取る必要があります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ホワイトニング.net All Rights Reserved.