ホワイトニングの安全性

ホワイトニング.net

ホワイトニングは比較的安全な方法として世界中のクリニックで行われている施術法です。

ホワイトニングTOP > 安全性

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化され、すでに20年が経過していますが、この間、大きな事故の報告はなく、世界中の研究機関でも安先生が確認されています。

実用化は20年前ですが、ホワイトニングの研究が始まったのは、実は今から150年以上も前のことなのです。

当時はミョウバンや酸を使用し、歯の色素を溶かす方法が採用されていました。

しかし、これらの方法は歯にダメージを与えてしまうことから、酸に代わる薬剤の研究が始まり、現在使用されている過酸化水素を使用したホワイトニング剤が誕生しました。

過酸化水素の研究が始まったのは1884年。現在から120年以上も前のことです。

つまり、現在のホワイトニングは、120年以上も前から研究され、改良に改良を重ねて世に普及した方法なのです。

現在では、アメリカのニューヨーク大学やニュージャージー医科歯科大学、日本の東京医科歯科大学など、多くの大学や研究機関で安全性が確認されています。

ホワイトニング剤に使用される過酸化水素についても、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)やADA(米国歯科医師会)に認可され、安全なことが証明されています。

より安全なホワイトニングを受けるには

安全性については高い評価を受けているホワイトニングですが、やはり薬剤や医療機器を使用する施術には違いありませんので、信頼できるクリニックを選ぶに越したことはありません。

現在はしっかりしているクリニックが多いので、あまり神経質になることはありませんが、しいて言うなら、国家資格を持つ歯科医師や歯科衛生士が施術および管理を行っているクリニックを選ぶことをおすすめします。

また、術後のアフターケアをきちんと行っているかどうか、事前に確認しておくことも重要なポイントです。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ホワイトニング.net All Rights Reserved.