ブリーチング

ホワイトニング.net

ブリーチングとは変色した歯に漂白剤を塗布することで歯を白くする方法です。

ホワイトニングTOP > ブリーチング

ブリーチングとは

ブリーチングとは、変色した歯に漂白剤を塗布し、歯を白くする方法です。

現在はホワイトニングという呼ばれ方が一般的となっています。

喫煙や嗜好品により着色した歯を漂白することで、歯の黄ばみや黒ずみのもととなっている色素を分解し、歯に白さを取り戻します。

ブリーチングにはオフィスブリーチングとホームブリーチングがあります。

オフィスブリーチング

オフィスブリーチングとは歯科医院や審美歯科といったクリニックで行うブリーチングです。

歯にブリーチング剤を塗布し、レーザーや光を照射して歯を漂白していきます。

高濃度のブリーチング剤を使用し、かつレーザーや光で酸化作用を促進させるので、短時間で歯を漂白することができます。

すぐにでも歯を白くしたい人におすすめですが、即効性があるぶん、持続時間が短いというデメリットもあります。

持続時間は生活習慣などによって左右されますが、約3~6ヶ月が目安となっています。

ホームブリーチング

ホームブリーチングとは、その名の通り自宅で行うブリーチングのことです。

クリニックで専用のマウスピースを作製してもらい、ブリーチング剤を購入した後は、自宅にて自分でブリーチングを行います。

マウスピースに薬剤を入れ、数十分~数時間装着することで、薬剤が歯の色素を分解し、歯を白くします。

使用する薬剤が低濃度であることと、レーザーや光などを使用しないことから、オフィスブリーチングより効果が現れるのが遅く、白さを実感するのに2週間以上の期間を要します。

ただし、じっくり漂白するぶん、持続時間が長く、定期的なケアを行うことで1~2年程度白さを保つことができます。

ブリーチングの注意点

ブリーチングはコーヒーや紅茶、タバコなどの嗜好品によって変色した歯の漂白には有効ですが、その反面、効果を期待できない歯も存在します。

あまりにも着色がひどい場合や、テトラサイクリンという抗生物質による変色には効果がないほか、神経がない歯や人工歯などの着色には効き目がありません。

また、ブリーチングで歯を白くしたとしても、喫煙やステインのリスクが大きい飲食物を摂取することにより、再着色するおそれがあります。

少しでも長く効果を持続させるためには、嗜好品を控えるほか、定期的なメンテナンスが必要となります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ホワイトニング.net All Rights Reserved.