ラミネートベニア

ホワイトニング.net

ラミネートベニアは、歯の表面を薄く削り、セラミックの付け歯をつける治療法です。

ホワイトニングTOP > ラミネートベニア

ラミネートベニアとは

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り、付け歯を貼り付けることで歯を白くする方法です。

素材にポーセレン(セラミック)と呼ばれる素材を使用することから、ポーセレン・ラミネートベニアとも呼ばれています。

ホワイトニングでは白くすることのできないテトラサイクリン系の変色や、歯と歯の隙間の改善に用いられる治療法です。

歯の型を取った後は、薄く歯を削って貼り付けるだけなので、短期間で白い歯にみせることが可能となります。

ラミネートベニアのメリット

ラミネートベニアは、従来のホワイトニングでは対処しきれない変色歯も白くできるというメリットがあります。

重度の着色汚れや、テトラサイクリンという抗生物質による変色に対して有効であり、しかも短期間で治療が終わるので、歯科治療としては手軽な部類に入ります。

歯の色を白くするだけでなく、歯と歯の隙間を閉じたり、虫歯の治療と同時に行えるところもポイントです。

接着に用いるシェルには強力な接着力があるので、かみ合わせに問題がなければ、はがれたり欠けたりといったトラブルもほとんどありません。

ラミネートベニアの料金

ラミネートベニアは保険対象外の治療法なので、料金も少々割高となってしまいます。

料金はクリニックによって異なりますが、大体の相場は1本あたり50000~150000円の間となっています。

1本だけの治療も可能ですが、まわりの歯とのバランスを考えると、実際は1本のみの治療では不自然になってしまう確率が高いので、まわりの歯と合わせて数本の治療となる場合もあります。

ラミネートベニアの注意点

ラミネートベニアは通常、はがれたり欠けたりしにくい治療法となっていますが、かみ合わせが悪かったり、歯ぎしりの癖があったりすると、欠けたりはがれたりするおそれがあります。

そのため、ラミネートベニアを行う前には、かみ合わせや歯ぎしりの有無をきちんと確認し、自分がラミネートベニアに適しているかどうかをチェックする必要があります。

また、ラミネートベニアは一度接着すると取り外すことはできません。

貼り付けるというと手軽に感じてしまいますが、はがすことはできませんので、後悔しないよう十分検討してから行うようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ホワイトニング.net All Rights Reserved.